のびるネット 受験生支援サイト 受験生の「困った」「知りたい」を解決する情報を発信します



試験で力を出し切るための朝食



    [参考サイト]
    卵で集中、かぼちゃでリラックス! “試験に勝てる”朝食 / リクナビ進学ジャーナル
    管理栄養士の菊池真由子先生によると「脳にエネルギーを送るには、朝食をしっかり食べることが大切です」とのこと。

    さらに、「よく噛んで食べると脳が刺激されて活性化するので、集中力が高まったりケアレスミスが防げたりする」とか!

    ◆和食派の人なら、ご飯、豆腐とワカメのお味噌汁、卵焼き、カボチャの煮物、ほうれん草のおひたし、いちごといったメニューがオススメですね。



    まず、脳にエネルギーを送り、活発に働かせるためには炭水化物が不可欠です。ただ、炭水化物だけでは持続力が弱く、試験が始まるころにはエネルギー切れしてしまう可能性も…。 そんな時は、炭水化物の効果をより長く保つ働きがあるタンパク質と一緒に食べるのがオススメです」



    ◆「朝は洋食派!」という人は「パン、チーズ、ローストハム、ほうれん草入りのオムレツ、みかん」といったメニューに置き換えても、同じ効果が得られるそう。

    ◆そして大切なことは消化する時間を2時間とみること。すなわち2時間前までには朝食を済ませておくことです。

    詳しくは上記サイトをご覧ください。







    yzDMM mobilefr[I{OLy[タ{I